伝統に培われた老舗の味、上州/群馬の名品、みそ漬のたむらやのホームページです。

ホーム
オンラインショッピング
会社情報サイトへ
お問い合わせ
サイトマップ
たむらや ブランドサイト TOP
たむらやのこだわり
プレミアムな和のもてなし
喜ばれる贈り物
お酒編
焼酎 百年の孤独とつぶ貝のみそ漬
日本酒 〆張鶴「純」と琥珀らっきょう
ビール エチゴビールとオイキムチ
ワイン カベルネソーヴィニヨンとチーズみそ漬
ウィスキー ジャパニーズウィスキーとみょうがのみそ漬
器編
輪島塗 伝統芸術の匠の技ともてなしの創作
クリスタル 清涼感あるクリスタルと和食のコラボレーション
陶磁器 日本文化の美しさと和を楽しむ演出
お店編
パン パシフィック 横浜ベイホテル東急
つな八 銀座店

日本を代表する黒木本店の焼酎。「百年の孤独」の名前の由来は、小説のタイトルに因んだもの。「中々」は、大麦・麦麹を甕に仕込み低温発酵のあと、減圧蒸留させたライト感覚の口当たりの良さの中に深みのある味わいが特徴。「喜六」は、黒麹仕込みの独特の個性をもった原酒をそのまま熟成貯蔵したもので、五感や魂にも染み渡るような味わいといわれています。

黒木本店
http://www.kurokihonten.co.jp/

焼酎×つぶ貝 焼酎つくりの真摯な姿勢が眩しい 銘酒とつぶ貝のコラボレーション

長い熟成による深い味わいの焼酎には、「つぶ貝みそ漬」がお勧め。北海道の十勝沖で旬の時期に水揚げされた大粒の灯台つぶ貝を特製みそで漬けます。 味噌を軽く落として(お好みによってはそのまま)、スライスしてお召し上がり下さい。情熱とこだわりを傾けて完成した銘酒「百年の孤独」と一緒に頂くと、なお一層格別です。

モノつくりに対する真摯な姿勢は、たむらやのみそ漬でも、焼酎でも一緒。 自ら原料となる作物を畑に出て選定し、究極の美味を求めて熟成させる工程は、ともに重なるところがあります。食する人の心を一瞬にして掴む迫力は、作り手の想いの表れと言えます。

白味噌の風味と磯の香りが絶妙に調和したもっちりした歯ごたえが特徴の「つぶ貝みそ漬」と、薄い琥珀色の中にほのかに広がる甘味と麦の香ばしさが魅力の「百年の孤独」。芳醇な香りの焼酎の邪魔をせず、それでいて主張のある豊かな風味が口の中に広がる、特別なひと時がお楽しみ頂けます。

ページのTOPへ